トップ

ツイッターメインの更新になってしまっている現状。
カテゴリ
全体
へんりくせんについて
マイキャラたち
ご購入でーす
読了本レビュー
お出かけ
ゲームの話
漫画&小説の話
アニメの話
音楽の話
ハロプロの話
ご当選
チェンクロの話
雑記
SealOnlineの話
WILD ARMSの話
iPad用オススメアプリ
パンヤの話
僧侶祭り
バトン系
本好き100の質問
わりと音楽好き100の質問
SealOnline100の質問
Link
ついったー
検索
記事ランキング
ライフログ
予約済み
オススメ
最新のトラックバック
戦姫絶唱シンフォギアG ..
from オタク 萌え  現実逃避
オブデロード一族の女たち..
from 投資一族のブログ
IPADアプリ
from IPADアプリ
♪迷って気づけば月曜日~。
from しるおん雑記+-。
飴村行『粘膜蜥蜴』
from 初心者のための読書ガイド
以前の記事
2015年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...
Copyrightとか
当ブログに記載されている
会社名・製品名・システム名
などは、各社の登録商標、
もしくは商標である場合が
あります。

シールオンラインの
ゲーム内および公式サイト、
公式印刷物等で
使用されている画像
およびデータ、イラスト、
文章、音楽、映像についての
著作権は下記が
保有しております。
YNK Partners
株式会社 YNK JAPAN

© 2007 YNK Partners Inc.
All rights Reserved.
© 2007 YNK JAPAN Inc.
All rights Reserved.

んでパンヤはこっち。
©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd.
All Rights Reserved.
Exclusive License
©2004 HanbitSoft, Inc.,
All rights reserved.
©2004 Gamepot Inc.,
All rights reserved.

ちなみに当ブログは
リンクフリーでありますが
報告してくれると
中の人が喜びます。

そして、業者は(゚⊿゚)カエレ
その他のジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
by へんりくせん |
私立霧舎学園ミステリ白書十月 ★★★★
霧舎巧『私立霧舎学園ミステリ白書 十月は二人三脚の消去法推理』講談社ノベルス
十月。霧舎学園の秋の行事第一弾は体育祭。琴葉と棚彦は体育祭実行委員に据えられる。準備の真っ最中の本番一週間前、校内で不審火が発生。パソコン教室のメールに残された「十月十日の殺人」との関連は?昨夜子の言動が事件解決の糸口になるのか。
学園ラブコメディーと本格ミステリーの二重奏、「霧舎が書かずに誰が書く!」”霧舎学園シリーズ”十月のテーマは消去法!
b0043454_15125066.jpg
以前にも紹介しましたが、全12巻(予定)の霧舎学園ミステリ白書というシリーズ物です。
今回も2年近く間が空いてしまいましたねぇ。
折角のシリーズ物だからテンポ良く出してもらえるとファンは嬉しいんですが・・・

愚痴はここらへんでやめといて内容に触れたいと思います。
十月のテーマは「消去法」です。これまたミステリではよく出てくる手法ですね。
テーマが消去法というだけあって、全編に渡りロジカルかつ地道な作業です。
アリバイや動機を探りつつひとりずつ消して行く作業は地味です。

しかしながらその地味な作業を続けて行くことによって
犯人が浮かび上がって行く様はミステリの醍醐味でしょう。
十月には十一月を期待させるトリック?ギミック?もありますしね。
相変わらずのおまけも付いてます。


しつこく書きますが、ライトノベル調なのでミステリに興味が無い方でも
入門書として楽しく読めるのではないかと思います。
まとめて購入したい方はご近所のブックオフなどを探してみるのも良いかと思います。
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-30 15:23 | 読了本レビュー
クリス・ベノワよ永遠なれ
WWEのトップレスラーであるクリス・ベノワが他界したというニュースを目にしました。
現在調査中のようですが、どうやら無理心中のようです。

クリス・ベノワというとなじみが無いかもしれませんが
古くはペガサス・キッドやワイルド・ペガサスというリングネームで
新日本プロレスJr.マットで大活躍していました。

僕も子供のころにテレビ中継を見てファンになったひとりです。
決して大きいとは言えない体から繰り出される豪快な技の数々は視聴者を虜にしました。
中でも獣神サンダーライガーとのコンビは最強タッグだったと思います。

新日マットを離れてWWEに移ってからはあまり見ていませんでしたが
人気レスラーになったと聞いて嬉しかったもんです。


それが今回いきなりこういうことになって、なにがなんだかよくわかりません。
惜しいレスラーを亡くしました。無念です。
心の中でテンカウントを鳴らしたいと思います、合掌。
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-28 15:23 | 雑記
ひこにゃん音頭で(以下略
先日彦根で買ってきたものをご紹介(´ー`)

b0043454_15202197.jpg
彦根限定生茶です。
一応本数限定だそうですが結構そこら辺で売ってました。
b0043454_1521555.jpg
今使ってる箸がそろそろ痛んできたので、ひこにゃん箸を買ってきました。
正直他人には見せられませんね(笑
b0043454_15221999.jpg
石膏っぽい素材で出来ているフィギュアです。
外付けサウンドボードの上に鎮座しております。


ついでに、ひこにゃんの魅力を皆さんに知ってもらうために
携帯で撮ってきた動画をアップしときます。
そのままクリックするもよし、右クリックで保存して見るもよし。
17Mほどです。←ここをクリック。
ちなみにこのシーンは、ファンに扇子を渡してもらって踊っているところです。
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-25 15:25 | お出かけ
ひこにゃん音頭でひこにゃんにゃん
予告どおり弟と彦根へ行ってきました。
何故彦根?とお思いのあなた。
今彦根では「国宝彦根城築城400年祭」を開催しているのであります。
b0043454_15282898.jpg


さて、ピンと来る人はもうタイトルを見てピンと来てるでしょうが
主目的はひこにゃんを見に行く。
及びひこにゃんグッズを搾取しに行く、でした。

彦根へは車で行こうか電車で行こうか迷ったのですが
電車だと乗り継ぎが多く、時間もかかり不便だったので車で行く事にしました。
鈴鹿→亀山→水口→八日市→彦根と約2時間のドライブです。
曲がるところが少なく、道なりに行けるのが楽ちんです(´ー`)

そして彦根到着。
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-22 21:29 | お出かけ
ゾディアック
さてさて、こないだ期待していると書いた『ゾディアック』を観に行ってきました。
本当は今日天気がよければ、とあるところへお出かけ予定だったのですが
雨が降っていたので次回に延期となりました。
まぁそれはまたブログで書くとして。


閑話休題。
いきなり点数をつけるとすれば70点というところでしょうか。
エンターテインメントとすれば300の方が面白かったです。
しかし犯罪ものやノンフィクション映画が好きな人なら結構楽しめるかと思います。

実在の事件を基にしてあるだけあって、リアリティが感じられますし
そのリアリティをかもし出す為の入念な取材も感じられます。
そのためフィクションだとかノンフィクションだとか注意書きがありません。
観客も映画の登場人物と共に事件を追いかけている気分になれるかもです。
あ、映画の登場人物はなかなか好感が持てるキャラばかりで良い感じでした。

残念な部分を上げるとすれば、少し時間が長いと思いました。
もう少しコンパクトにまとめられたんじゃないかなぁ。
あと映画の中の時間の流れは結構早いので注意して観ててください。


注意事項としては、事件が起こったのが1969年という
かなり古い年代なので今ほど科学捜査が進んでいないというところです。
正直、指紋と筆跡鑑定ぐらいしか決め手がないので
遅々として事件が解決へ向かいません。
これは別に映画が悪いわけではないのでご了承ください。


映画の最後に犯人が指摘されます。
これは実在の迷宮入り事件を扱ったものとしては珍しい事です。
監督のデヴィッド・フィンチャーのこだわりなのでしょう。
劇中にかなりの手がかりは散りばめられていると思います。
最後まできっちり観てあなたも推理してみてはどうでしょうか。
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-18 22:03 | 雑記
近況報告
・・・というほどでもないのですが
最近SealOnlineにインしてないので(;´ー`)

通信環境がADSLから光になりました。
いまや光なんて珍しくも何ともないんですが
うちの家はNTT収容ビルまでの距離が相当あって
光は通ってないし、ADSLがギリギリという地域だったのです。

まぁそんな地域に住んでいるのですが、近くまで光ケーブルを
引っ張ってきたので光にしませんかとNTTから打診があったので
親父殿が導入を決めた次第なのですよ。

気になるのはどれくらい速度が上がったかということですが
無線LAN(僕のPC)(ADSL)1.2M→(光)9.6M
有線LAN(親父のPC)(ADSL)1.2M→(光)25.8M
となりました。

しかし!回線速度を上げる裏技というのがあるのですよ。
その裏技を実行すると
無線LAN(僕のPC)(ADSL)1.2M→(光)9.6M→(光裏技)16.7M
有線LAN(親父のPC)(ADSL)1.2M→(光)25.8M→(光裏技)69.8M
となりました。これは凄い(;´ー`)

興味のある方はここを見てくださいませ。
地方の方(東京から遠い地域)ほど効果があるそうです。
裏技と言ってもそんな危ないことじゃないっすけど
自己責任でお願いしますね(´-ω-`)

長くなってきたので・・・
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-15 16:35 | 雑記
PEPSI ICE CUCUMBER
巷で噂のPEPSI ICE CUCUMBER(ペプシアイスキューカンバー)を買ってきました。
キューカンバーとはキュウリのことです。
要はキュウリペプシです。
b0043454_17203428.jpg
色はキュウリを意識したような色です。
夏らしく爽やかでこれからの季節に良いですね。
あ、色の話ですよ色の話。


さて、みんな気になっていると思われる味の方ですが
一口飲むとフッと青くさい香りと共に軽く青くさい味がします。
しかも後味も青くさいです。青くさ祭りです。

キュウリといえばキュウリっぽいかもしれませんが
なんとも言えない味ですねぇ・・・
青くささが鼻につくので、好みでない方は飲めないかもしれません。
そこらへんに注意して買うとよろしーと思います。
やっぱりペプシカーニバルには勝てなかった(´・ω・`)


ついでにのっけますが、これ最近お気に入りのパン?です。
b0043454_17593284.jpg
サークルKサンクスでしか売ってません。
ホットケーキにマーガリンとハチミツを挟んだだけのシンプルなものですが
これが超おいしい(´ー`)是非お試しあれ~
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-14 17:29 | 雑記
300
えー先ほど300(スリーハンドレッド)を観に行ってきました。
レイトショーとはいえ公開初日に映画を観に行くのはかなり久々です。
しかもひとりで行くのもかなり久々でした(´-ω-`)

車で20分ほどのところにワーナー系列の映画館があるのですが
いつもはガラガラのはずの駐車場が一杯でちょっと遠くに車を止めて
いざ映画館の中に行ってみると難民キャンプ状態(´ヘ`;)

しかし上映プログラムを見るとレイトショーの21:40の前の
21:00に人が集中していた模様。
早く行ったおかげで21:40の席はど真ん中が確保できました( ´ー`)y-~~

時間まで併設のショッピングモールでぶらつきつつ
時間が来たので映画館に入場です。
そんなに人がいません、さすが一番遅い上映時間の回です。


さてさて評価はどうだったかというと74点といったところでしょうか。
確かに映像には迫力があって面白かったですが
ストーリーらしいストーリーもないといえばないですし
男くさい映画なので趣味じゃない人には観られないでしょうな。

あと監督ザック・シュナイダーは『ドーン・オブ・ザ・デッド』の監督でして
残酷描写やグロさにかけては定評あります。
ちなみに『ドーン~』は賛否両論ありますが超オススメです(宣伝

しかし多勢VS無勢が好きな人にはたまらない映画だと思います。
ONE FOR ALL  ALL FOR ONEな内容となっております。
ラグビーっぽいな、いやマジで。


来週のゾディアックに期待じゃーヽ(`Д´)ノ
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-10 00:38 | 雑記
なんともかんとも
裏へんりぶろぐをリニューアル?してみました。
色々試験的にやってみますのでお見苦しい点が多々ございますが
お暇な時にでも見てやってください(´-ω-`)

あそこは以前から非公開設定にしてあります(ここ重要)
要は口外無用ってことですね。
えっ、表はいいのかって?いいですよ?よ?
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-06 19:43 | 雑記
新興宗教オモイデ教外伝① ★★★
原田宇陀児『新興宗教オモイデ教外伝①桜月事件~祓除探偵「Z」の冒険』
ガガガ文庫

微色微香微炭酸・・・・・・まったく苺の果実のように仕草のかわいらしい妹尾いちごに誘われて、あやしいサークル《超常現象研究会》のメンバーにさせられたクラス委員長・杦山久。学校の会談の真実を暴くべく謎の探偵「Z」と共に真夜中の校舎に忍び込んだメンバーの目の前に次々と奇怪な惨劇が降りかかる!血だまりの中で静かに佇む不穏な「Z」!!はてさて、いちごと久ちゃんの恋の行方やいかに??大槻ケンヂの代表作、センチメンタルな青春サイキック伝奇の世界を異才・原田宇陀児が継承!脅威のコラボレーション・シリーズ堂々開幕!!
b0043454_16502419.jpg
えー多分普通の人は全然ご存じない作者だと思いますが
「はらだうだる」と読みます。多分大下宇陀児からとったのではないかと思ってます。
まぁこういう人です。

僕は昔から好きで同人誌を持ってたりしますが
客観的に見ると万人受けするクリエイターではなく、よく評価が二分します。
ということで、初の長編なのですが僕は結構期待してました。
でも期待に答えられる作品だったかというと・・・微妙。

序盤から中盤にかけては、ラノベを意識した作りになっていて
ラノベ読みの読者も楽しく読める感じになっているのですが
終盤の展開がトンデモというかどうでもいいというか、いつもの感じです。
正直「こんなのが読みたかったんじゃないのに・・・」という気持ちで一杯です。

①となっているので続編が出るのかもしれないですが
うだるちんにはもっとがんばって欲しいと思います。
プラットフォームがラノベなのでもう少し読みやすくしたほうがいいのでは?と
思ったのですが、最近の若い人はこういうの(セカイ系?)が好きなのかなぁ・・・
ちなみに僕は大槻ケンヂの『新興宗教オモイデ教』は読んでませんのであしからず。


余談ですがガガガ文庫創刊ラインナップはひどいらしいですな。
あまりいい話も聞きませんしね。これからに期待でしょうか。
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2007-06-06 16:04 | 読了本レビュー
なかのひと Firefox3 Meter