トップ

ツイッターメインの更新になってしまっている現状。
カテゴリ
全体
へんりくせんについて
マイキャラたち
ご購入でーす
読了本レビュー
お出かけ
ゲームの話
漫画&小説の話
アニメの話
音楽の話
ハロプロの話
ご当選
チェンクロの話
雑記
SealOnlineの話
WILD ARMSの話
iPad用オススメアプリ
パンヤの話
僧侶祭り
バトン系
本好き100の質問
わりと音楽好き100の質問
SealOnline100の質問
Link
ついったー
検索
記事ランキング
ライフログ
予約済み
オススメ
最新のトラックバック
戦姫絶唱シンフォギアG ..
from オタク 萌え  現実逃避
オブデロード一族の女たち..
from 投資一族のブログ
IPADアプリ
from IPADアプリ
♪迷って気づけば月曜日~。
from しるおん雑記+-。
飴村行『粘膜蜥蜴』
from 初心者のための読書ガイド
以前の記事
2015年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...
Copyrightとか
当ブログに記載されている
会社名・製品名・システム名
などは、各社の登録商標、
もしくは商標である場合が
あります。

シールオンラインの
ゲーム内および公式サイト、
公式印刷物等で
使用されている画像
およびデータ、イラスト、
文章、音楽、映像についての
著作権は下記が
保有しております。
YNK Partners
株式会社 YNK JAPAN

© 2007 YNK Partners Inc.
All rights Reserved.
© 2007 YNK JAPAN Inc.
All rights Reserved.

んでパンヤはこっち。
©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd.
All Rights Reserved.
Exclusive License
©2004 HanbitSoft, Inc.,
All rights reserved.
©2004 Gamepot Inc.,
All rights reserved.

ちなみに当ブログは
リンクフリーでありますが
報告してくれると
中の人が喜びます。

そして、業者は(゚⊿゚)カエレ
その他のジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
by へんりくせん |
HSP『Unfragment』
ふぉーーーーーーーHSPの新作が出とる!!ヽ(゚∀゚)ノ
(HSPって誰だよって人はこちらをどうぞ。

ほんとはもっと早く記事にしたかったけど
俺ルールで更新は一日一回と決めているので(´・ω・`)


んでもって、冬コミ3日目で
HSPの初音ミクトラックスを集めたCDが発売されるんですよね。
ぐおおおおおおお、なぜ俺は3日目に行けないんだ(悶絶

委託販売してくれるらしいけど、若干数て・・・
おとなしく待つもん、おとなしく待つもん。
買えなきゃ泣いちまうぞちくしょう(´Д⊂)


まぁ僕は別に初音ミクがそこまで好きというわけではないんですけど
こうやってボーカロイドというものを通し
トランスに少しでも興味を持って頂けると嬉しいなと思うんですよ。
どうも世間的にはトランスは誤解されているようなので(´Д`)

というわけで新作をペタリ。

[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-28 00:11 | 雑記
THE 4TH KIND
先日THE 4TH KINDなる映画を観に行ってきました。
ここんところよくCMでやってますよね。
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のアレです。

正直僕はそれほど興味無かったんですけど
マイブラザーが「俺あの映画気になってる」と言うもんで
じゃあ観に行ってみるかと映画館に足を運んでみました。

とりあえずご注意をひとつ。
この映画はドキュメンタリー風映画であって、ホラーではありません。
テレビでやってるCMを見るとホラーっぽいですが違いますよ。
でもかなり怖いです、色んな部分が。
一番怖いのは「女優の顔」だったりするのはご愛嬌(笑


んで、この映画どうだったの?という話になりますが
少なくとも僕的には忘れられない映画になりました。
観てる間ずっとゾクゾクしっぱなしでした。

まぁこの「僕的」という部分が重要でして
僕にはグサリと刺さりましたが
全然刺さらなかった人もいます。

それは、この映画の内容(とある事柄)を
●信じる。
●信じない。
●映画だと思って楽しむ。
●信じるとか信じない以前の問題だ(鼻で笑う

という、その人のスタンス次第だと思います。

あと考え方とともに
●とある事柄について興味があるor詳しい。
●心理学に興味があるor詳しい。

と一段と楽しめると思います。


「とある事柄」ってなんだよ!ヽ(`Д´)ノ
とお怒りの皆さん。
そこはこの映画最大のネタばれとなりますので書けないのです。

でも、本当に観に行こうかどうか迷ってる人は
反転して書いておきますので見てください。
でも本当に本当に迷ってる人だけにしてください。
レンタル始まったら観ようと思ってる人もやめてください。
観に行くつもりなのにネタバレ見てしまうと勿体ないです。

このとある事柄というのは大まかに言うと「宇宙人」のことです。
ちなみに僕は早い段階で気がつきました。
なぜなら、とある事柄に関してそこそこ詳しいからです(笑


さてさて、楽しめる人には楽しめるし
胡散臭いと思う人には、とことん胡散臭いこの映画ですが
映画自体の作りは凄く出来が良くて好感が持てます。
見せ方が凄くうまい。
信じることもできるし、嘘だと思うこともできます。
でも僕は「本当にこの映画全てがフェイクなのだろうか?」と思いました。
まぁそう思っといたほうが楽しいかもですね(笑

気になる方は是非観に行ってみてください。
でも気に入らなくても僕は知りましぇーんヽ(゚∀゚)ノ

とりあえず僕はBlu-ray出たら買おうかなと思ってたり(´-ω-`)
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-27 03:12 | 雑記
粘膜蜥蜴 ★★★★
飴村行『粘膜蜥蜴』角川ホラー文庫
国民学校初等科に通う堀川真樹夫と中沢大吉は、ある時同級生の月ノ森雪麻呂から自宅に招待された。父は町で唯一の病院、月ノ森総合病院の院長であり、権勢を誇る月ノ森家に、2人は畏怖を抱いていた。<ヘルビノ>と呼ばれる頭部が蜥蜴の爬虫人に出迎えられた2人は、自宅に併設された病院地下の死体安置所に連れて行かれた。だがそこでは、権力を笠に着た雪麻呂の傍若無人な振る舞いと、凄惨な事件が待ち受けていた・・・・・・。
b0043454_0403589.jpg
衝撃過ぎる作品を引っさげてデビューしたこの作者ですが
二作目も前作を上回る衝撃作でした。

前作『粘膜人間』を僕はキ○ガイ小説だとレビューしましたが
今作『粘膜蜥蜴』も相当のキ○ガイ小説です・・・
でも写真の帯を見て貰うとわかりますが
結構賞貰ってるみたいなんですよね。


舞台は昭和戦中の日本らしきところです。
<ヘルビノ>と呼ばれる頭がトカゲの生き物がいます。
話の軸になるのは、王様のように振舞う少年とその下男のヘルビノです。
舞台設定は『粘膜人間』と同じと考えて良いかと思います。

相変わらずストーリーはきちんとしてて
どんどん読み進めたくなる、出来の良い文章なのに
読む人をドン引きさせるエログロの嵐。
変態と揶揄される僕をもってしても、着いて行くだけで必死です。

一番びびったのは
雪麻呂が、女に想い人の顔写真を貼り付けた布袋をかぶせて
自分にとある薬を打つと、その女が想い人に見えてくる。
そしてその女と○○○○する横で、トカゲ頭のヘルビノが
でんでん太鼓を叩きながら応援する。
というシーンです・・・
イカれたグッチャネキタコレ

そのあと
「やっぱりおめぇの応援があると調子がいい」
とか言い放ったあとに、女に蹴り入れるんですよ。
こんなのに6ページも費やすなと(´Д`)


しかししかし、この作品がただのエログロ小説じゃないところは
関係無いとも思える出来事が、後々効いてくるところです。
不快に思えば思うほど結末では驚かされること間違い無し。
あなたの気分を不快にしてくれる衝撃のどんでん返しが待ち受けています。


正直僕は星5つをつけようかと思いましたが
どなたかが僕のレビューを見て、この作品を手に取るとしましょう。
すると間違いなく僕をガチの変態だと思うわけですよ。
それはちょっと意図するところと違うので、あえて星4つです(何を今更

でもそんなこんなを差し引いてもかなり面白い作品です。
諸手を振ってオススメはしませんが、もし少しでも気になったならば
前作『粘膜人間』か今作『粘膜蜥蜴』をご一読ください。
ちなみに苦情は一切受け付けませんのであしからず(´-ω-`)
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-24 00:43 | 読了本レビュー
だらだら書く、ゲームの話
どーもー、たまには画像無しで
だらだら文章書いてみたくなったへんりくせんです(´ー`)ノ

知ってました?ブログのHIT数を増やすには
定期的な更新と画像をアップすることが大切なんですって。
僕もそれを実践してるんですが、たまには画像無しでもいいじゃない(*∩ω∩)

あ、僕は別にHIT数を増やそうとしてる訳ではありませんよ。
いつも見に来てくれてる人に楽しんで頂こうと思った結果なのです。
ホントデスヨホントデスヨ
てか、HIT数だけ増やしたいならなんぼでもやり方あるし(ボソ


おっとゲームの話も書かずにだらだらしちまったぜ。
いやーFF13売れてるみたいですなぁ。
まぁ初動だけのゲームですけど。
ミスってるゲーム屋は大変だろうなぁ(笑

FF13が初週実売150万本でPS3が週間24万台ですって。
なんとPS3本体は、2006年11月11日のPS3発売以来歴代1位の週間販売台数ですと。
FF13効果どんだけやねん(´Д`)

とか何とか言いながら、僕もその売り上げに貢献してるんですけど
他にもそんな野郎を見つけたんで晒し上げ。
モニタどころかテレビまで買い替えかよ(笑


そんなFF13ですが、どれくらいプレイしたかというと
実はまだ8時間ほどしかプレイできてません(´・ω・`)
そのうちまとまったプレイ時間が取れるはずと信じてる(´Д⊂)
P3Pも全然進んでないし(´Д⊂)(´Д⊂)
END of ETERNITYの体験版もやりたいのに(´Д⊂)(´Д⊂)(´Д⊂)
てか、EoEまでに絶対FF13終わらん(´Д⊂)(´Д⊂)(´Д⊂)(´Д⊂)


あーだめだ、やっぱり僕はだらだら書くと書きすぎてしまうな・・・
大学のレポートも文字数足らなくて困ったこと一度も無いもんなぁ。
むしろいつも削る作業だった希ガス(´・ω・`)

書けと言われればまだまだ書くことはありますが
泣き顔の顔文字ばかりで見づらいので
まとまってない文章を書いても楽しんで頂けないと思うので
ここらで終わっときます'`,、('∀`) '`,、
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-23 00:51 | ゲームの話
シアター! ★★★★★
有川浩『シアター!』メディアワークス文庫
小劇団「シアターフラッグ」―――ファンも多いが、解散の危機が迫っていた・・・・・・そう、お金がないのだ!!その負債額何と300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。出来ない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。
新生プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ。新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが・・・・・・!?
b0043454_15325633.jpg
ということで、有川浩の新作読み終わりました。
実は有川浩読むのは『海の底』読んで以来だったりします・・・
早く図書館シリーズ文庫化してよ('A`)

さてさてそんなこんなで久々に読んだ有川浩でしたが
さすが人気作家、圧巻の出来でした。
メディアワークス文庫創刊ラインナップに相応しかったですね。


内容はというと、劇団立てなおしサクセス系です。
キャラクターも立ってるし、テンポよく進むしで一気読み間違い無しです。
これ1巻で終わらすのは凄く勿体ないくらいの設定ですよ(´・ω・`)
「演劇」「サクセス物」「声優」なんかに興味あれば是非読んで貰いたいですね。

そーいや高校の時の友達で劇団員がいましてねぇ
名古屋の劇団で何百人という入団オーディション受けて
受かったという凄い人だったんですよ。
今も俳優やってるのかなぁ・・・有名になってんのかなぁ・・・


おっと回想はここまでにして。
何はともあれ凄く面白かったので読んでみてはいかがでしょうか。
有川浩が気になってる人には是非是非。
ちなみに表紙はラノベっぽいですけど挿絵ありませんので(´-ω-`)
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-21 15:43 | 読了本レビュー
読書人は積読と闘い続ける
色々とやりたいことはあるけれど
ちょっと最近追いついてないへんりくせんです'`,、('∀`) '`,、

そして特に追いついていないのは読書。
まだ読んでない本あるのにどんどん増えるよ・・・
b0043454_23383653.jpg
買うなよって言うなよ!買うなよって言うなよ!ヽ(`Д´)ノ
しょーがないやん、買わざるを得ないタイトルばかりなんだから(´・ω・`)

写真に撮った4冊はどれも期待大の作品なんですが
やっぱり中でも一番期待してるのは『粘膜蜥蜴』です。
これはあの例の問題作を書いた作者の第二作目で・・・
またあのイカレた文章が読めるのね(*∩ω∩)


でも一番に読むのは『シアター!』ですけど(オイ
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-19 23:47 | ご購入でーす
FF13キタ━━(゚∀゚)━━!!(よく見たらソフトのパケが違ったでござるの巻
もうとっくに僕がFF13を買うのはばれてますが
あえて買ってきたと書こう!( `・ω・´)
b0043454_1237344.jpg
朝からヤマダ電機行ってきた。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

まぁ以前とある計画とか言ってモニタ買ったのはFF13のためでした。
バレバレでしたか、バレバレですね( ̄- ̄)


んで、当然のことながら僕はPS3本体を持ってませんので同時購入です。
ついにあの黒い奴が僕の部屋にも設置されるんだなぁと思うと
ちょっと興奮してきましたよ(*゚∀゚)=3

さぁ黒い奴のお出ましだ!ヽ(`Д´)ノ
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-17 12:55 | ご購入でーす
没ネタ救済企画 海遊館編
実は海遊館行ってきてたんだぜーヽ(゚∀゚)ノ
b0043454_29261.jpg
ほい、これ証拠。


なぜネタにしなかったか。
それはとある理由があってですねぇ・・・

海遊館へ行って撮ってきた写真がクラッシュしたの(´Д⊂)

CD-RWという前世紀の遺物に保存したら開けなくなった・・・
一瞬目の前が真っ暗になりました'`,、('∀`) '`,、

ジンベイザメやマンタやマンボウやカピバラまで撮ったのにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
こうやって思い出すとまた涙が出そうになるからこれを機に忘れよ(´・ω・`)


ということで関西三大水族館(今勝手に命名)を制覇したので
レビューでもしてみたいと思います。

水族館と聞くとなぜか興奮してしまう人はこちらをどうぞ
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-16 02:49 | お出かけ
ソードアート・オンライン(3) ★★★★★
川原礫『ソードアート・オンライン(3)フェアリィ・ダンス』電撃文庫
禁断のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』から現実世界に戻ってきたキリト。彼は攻略パートナーであり、想い人でもあるアスナのもとに向かう。
しかし、結城明日奈は、あの悪夢のゲームからまだ帰還していなかった。
困惑と絶望に包まれるキリト。唯一の手がかりは、鳥籠の中で佇む《妖精姿》のアスナという謎の画像データのみ。どうやら彼女は、高スペックVRMMO《アルヴヘイム・オンライン》というゲーム内に囚われているらしい。
キリトはアスナを救うため、飛翔する妖精プレイヤーたちが交錯する《ALO》に飛び込んでいく・・・・・・!!
b0043454_22295010.jpg
さぁさぁさぁさぁさぁSAOの新作ですよ!
待ちに待ちに待ちに待ちました!

アインクラッド編が終わり、フェアリィ・ダンス編に突入です。
いつも読了本レビューにはあらすじを書くというのが自分的ルールなのですが
今回に限っては書きたくなかった・・・
ネタバレというほどではないんですが
まだ読んでない人はあまり見ないほうがいいんですよね(今更


今回も期待を裏切らない内容になっていて
新キャラ一杯出てくるし
あのキャラも出てくるし
キリトの○も出てくるしで興奮間違いなし。
あーもうこれ以上詳しくは書けない(*∩ω∩)

もうあっという間に読んでしまいました。
正直読み足りないっす(´Д`)
次巻が楽しみでしょうがないのですが、残念ながら次は2010年夏らしいです。
まぁそれまでは『アクセルワールド』で我慢しましょうか・・・(´・ω・`)


てゆーか、これだけ僕がこのブログでSAOをオススメしてるのに
まだ読んでない人一杯いるでしょ。

活字は苦手とか
ラノベなんてとか
買うのが恥ずかしいとか
お前のオススメなんて信用できないとか

そんなくだらないこと考えてる暇があったら
今から本屋行って買ってきたほうがいいですよ。
まだ3巻しか出てないから追いつけるッ!( `・ω・´)

MMOやったことあるのに、SAO読んだ事無い人はガチで人生損してます。
一度くらい騙されてみろや!ヽ(`Д´)ノ
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-13 22:30 | 読了本レビュー
第二回へんりぶろぐ杯中止のお知らせ(当日までTOP)
諸事情で中止です。
詳しくはこちらをご覧ください。
【開催日】
12月12日(土曜日)

【時間】
21:30集合開始
22:00ラウンドスタート


詳細はこちら
[PR]
by へんりくせん | by r_henriksen | 2009-12-12 22:00 | パンヤの話
なかのひと Firefox3 Meter